目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。



目に疾患がある時のレーシックブログ:14 2 2019

カレーには
スパイスや生姜・ニンニク・タマネギなどの香味野菜により
新陳代謝を高め、脂肪燃焼・発汗促進を促す効果があります。

でも、市販のルウは油分が多く、カロリーが高くなりがち…

減量中でも安心してカレーを楽しむには、
調理法や食べ方を工夫すべきですね。

まず、減量中のカレーは、
カロリーの低い魚介類やたっぷりの野菜でヘルシーに仕上げましょう。

具材に肉を使うときは鶏肉の皮を取り除く、
赤身の肉を選ぶなど脂身を減らす工夫をするといいですね。

そして、市販のルウを使わず、
カレー粉や複数のスパイスを使えば、
油分を大幅にカットできますよ。
市販のルウを使う場合は表示の分量の半分にし、
他の調味料で味を調えましょう。

また、
スパイスには食欲増進効果があるので、
カレーはついつい食べすぎてしまいがち…

なので、
ごはんに少し工夫加えて、
カロリーを抑えましょう。

例えば…
しらたきをごはん粒くらいに切り、
フライパンで炒ってからお米に加えて炊きます。
しらたきはノンカロリーなので、
ごはんのカロリーを減らすことができますよ!

また、雑穀米や玄米なら
白米より噛み応えがあり、
良く噛んで食べることで食べすぎを防止できます。

カレーを単品で食べると、炭水化物に偏りますので、
野菜サラダや温かいスープなどをいっしょに食べ、
バランスをとりましょう。

また、他のおかずを食べあわせることで
カレーだけの食べすぎを予防できますよ。

このように
カレーも工夫次第で減量向きの料理になります。
減量中でも美味しく食べて、
キレイに痩せたいですよね!


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握