レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。


http://www.at-residence.co.jp/line/hibiya/hiroo/



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:15 10 2018

減量には
いろいろな方法がありますが、
中でもお風呂を使った減量というのが
注目されているようですね。

お風呂に入ることで、
なぜ減量効果が期待できるかというと…

お風呂に入ること体質が温まり、
血行が促進されるという効果が期待できます。
血流が良くなることによって、
体質中の細胞に栄養分を届ける効率もアップします。
すると、細胞の働きも活性化し、
結果的には消費されるエネルギー効率も良くなるというわけです。

以上が、
お風呂減量のメカニズムと言えます。

…と言う事は、
お風呂の入り方によって、
より大きな減量効果を
得ることができるかもしれないですよね?

それは、
食事をする前に入浴をするということです。

食事をする前に入浴すれば、
胃液の分泌をおさえることができます。

胃液がより多く分泌されると、
空腹感を感じることになりますし、
より多くの食事を食べることもできてしまいます。

ところがあらかじめ入浴をすることによって、
胃液の分泌をおさえることができるようになるのです。

結果的に、
食欲の増大を抑えることができ、
食事の量を自発的に抑えることができるようになるわけです。

「自発的に」抑えることができる
というところがポイントです。

強制的に食事の量を抑えてしまうと、
どうしてもストレスを感じます。

でも、食事の前にお風呂に入るようにすれば
余計なストレスを発生させませんから、
継続的に減量を実行することができるわけです!

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握