レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。


http://www.at-residence.co.jp/line/hibiya/hiroo/



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:09 8 2018

ダイエットをする場合、
確実に必要となるのがご飯制限。

それは、
ご飯制限によって
摂取カロリーを抑える必要があるからです。

しかしダイエットを行う多くの人は、
ご飯制限を正しく理解していないようです。

ご飯制限とは
「食べない」ではなく
「食べる量を減らす」のが正しい考え方なんです。

間違ったご飯制限で一番多いのが、
ご飯回数を減らすことです。
これは一番やってはいけない
ダイエットのやり方です。

1日2食や1日1食など、
知識のないご飯制限が行き着く先は
「ダイエット失敗」しかありません。

極端なご飯制限でも、
確かに摂取カロリーを抑えることができるのですが、
同時に筋肉量も消費させてしまい…

筋肉量が少なくなれば基礎代謝が低下し、
脂肪を燃焼しにくい身体となってしまいます。

結果的に
体重は落ちても脂肪は落ちていない…

筋肉量が低下して体重が減っているので、
引き締まった身体にならないのです。

だから体重が減っても、
腹の脂肪はしっかりと残っているのです。

正しいご飯制限とは
「食べる量をコントロールする」こと。

必要なカロリー量はしっかりと食べ、
それ以上はカロリーを摂らないようにすることです。

なので、
1日3食は絶対に食べるようにしましょう!

これはダイエットの基本であり
健康を保つためにも重要なことです。

そしてカロリー量は、
その3食分のカロリー量を調整することがポイントとなるのです。

そうすることで、
身体に必要なエネルギーを確保し、筋肉量を落とさず、
体脂肪が燃焼しやすい身体をつくっていくことができるのです。


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握