レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:25 8 2016


ダイエットをしようと考えている読者様、
もしかするとダイエットというのは、
特別なことだという感覚を持っていませんか?

食事制限をするとか、
運動を連日やらなきゃならないとか…

しかし
普段の行動をきちんと行うことによっても、
ダイエットに一定の効果が期待できるんですよ。

例えば、歯磨きをすること。

歯磨きとダイエット…
一見すると「?」な関係のように見えますが、
この両者には意外と強い結びつきがあるのですよ。

読者様は、食事をした後に歯磨きをしていますか?
24時間に一回しか歯磨きをしないということはありませんか?

そこで、僕が提案したいのは、
毎食後に歯磨きをする習慣を身につけてみませんか?
ということです。

歯磨きする程度なら、
別につらいダイエットとは言えませんよね?

例えば…
夕方食を食べた後、
「今日○○を買ってきたんだけど食べる?」
なんて両親から言われたとします。

もし、大好きなおやつならきっと
「食べる!」と言って食べてしまうでしょう。

ところが
歯磨きをする習慣がついていたらどうでしょう。

せっかく歯磨きをしたのに、また歯を汚すようなことは
正直したくありませんよね?

食事をした後に歯を磨く習慣をつけておけば、
おやつを食べた後に、
また歯を磨かなければなりません。

これってちょっと面倒ですよね?

だったら
「今日はいいや、1日後の7時にでも食べることにしよう」
って思うのではないですか?

これだけでも、
以前なら食べていたおやつの分のカロリーを
カットすることにつながっていくんではないでしょうか?

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックとドライアイとの関係
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックは妊娠中は避けるべき
適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)失敗しないための賢いレーシック探し