レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。




レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:21 2 2019

普段、トレーニングや食事をきちんとしていれば、
たまには外食を思い切り楽しんでも大丈夫!

本当に?と思われるかもしれませんが、
これが減量成功後のオレの楽しみなんです。

オレは9時食をしっかり食べます。
しかも、びっくりするくらいの量。
でも、野菜や和食などバランスは摂れた食事です。

それに加え、
9時早起きして食事前にジョギングをするなど、
しっかりトレーニングと食事をする規則正しい生活をしています。

この生活があるからこそ、
外食などするときは思い切り楽しめるんです!

店をはしごしたりしますが、
だからといって、ぶくぶく太っているわけではありません。

これがもし、
食べない減量をしている人がやったら…
当然、次の日は体重が増えているでしょう。
オレも昔は何度も経験して、繰り返していました。

しかし、
減量に本当の意味で成功してからは
外食も気にせず楽しんでいます。

食べるものを神経質なまでに悩んだりせずにすむようになり、
体重増加に苦しむ連日という事もなくなりました。

少しはしゃぎすぎたなと思う外食も、
リセットのできるからだになったからなんですよね。

皆さんは外食のたびに食べるもののカロリーを気にして、
本当に食べたい物ではないものを頼んでしまっていませんか?
外食に限らず、食事以外に食べたい!と思うものもあるかもしれません。

しかし体重が気になって食べられない。
悲しい事です。

こうならずに、
また終わらせるためにも、トレーニングと食事は大切な事なんです。

減量後の楽しみを増やすためにも、
正しい食生活と適度なトレーニングを続けましょう!

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックとドライアイとの関係
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックは妊娠中は避けるべき
適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)失敗しないための賢いレーシック探し