気になるレーシック手術の使用器具

レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。

 

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:17 9 2018

太っていたときのわたくしは、
減量のために、
ライスや菓子パンなどの炭水化物を控え、
糖分や塩分も控え、脂肪分も控え、
肉は完全に食べずに過ごしていました。

それでも、全然痩せませんでした!

減量が成功しなかった原因は、
実は、栄養失調だったようです。

ところで、
島国である日本人には、
特別なDNAが受け継がれているといわれています。
それは、節約遺伝子といって、
食糧が確保できなくなったときに飢えて死んでしまわないよう、
栄養が不足すればするほど、脂肪をため込もうとする遺伝子です。

減量で栄養が不足してくると、
節約遺伝子が活発になり、生命を維持するために
なんとしても痩せないように頑張るのです。

みなさんは、
食事制限の減量をして、
せっかく一時的に体重が落ちたのに、
すぐにリバウンドして、
かえって以前より太ってしまったという経験ありませんか?

それには、この遺伝子が大きく関係しているんです!

栄養が不足してくると、体質は「節電モード」になります。
体質が普段使うエネルギー量を最小限にして生命を維持します。

そんな状態のところに食べ物がちょっと入ってくると、
体質は「このチャンスを逃したら大変だ」とばかりに、
そこから思いっきり栄養をとろうとします。

栄養が十分な体質であれば、あっという間に、
基礎代謝で消費してしまうようなエネルギーも大切に使おうとするため、
結局、それが脂肪として体質にたまってしまうのです。

このようにして、食べない人は、
だんだんと減量が成功しにくい
体質になっていくんですね。

減量を成功させたいなら食事をしましょう!
自分の体質を味方につけることが、
減量にとって大切だと思います。


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握