気になるレーシック手術の使用器具

レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。

 

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:21 3 2019

ダイエットの基本は…
「栄養バランスのとれた食事」と「適度なトレーニング」。

食事については何とかできても、
なかなかトレーニングが…という人は、おれを含めて結構多いようです。

特に日ごろトレーニングしていない人にとっては
これがプレッシャーになることも…

確かに、いきなり体を動かせ!と言っても、
難しいですよね?

そこで、おれがやっている、
誰にでもできる適度なトレーニングを紹介します。

それはストレッチです。
筋肉の筋をのばすだけのトレーニングですが、
十分なダイエット効果を期待することができるんですよ。

なぜトレーニングがダイエットに必要かというと、
筋肉がおれたちの体の中でも
最もエネルギーを消費するからなんです。

痩せるということは、
食べ物などで体に入ってくるエネルギーよりも
消費するエネルギーの方が多くないといけません。

だから、トレーニングによって筋肉を鍛えることで、
エネルギー消費のしやすい体を作ることが必要なんです。

すると、ダイエットに成功した後でも
エネルギー消費しやすい状態は筋肉がある限り続いていきますから、
リバウンドの心配も無くなります。

おれも経験がありますが、
パソコンなどに長時間向かっていると
肩や首の筋などがこってきたり、だるくなったりことがありますよね。

ちょっと作業がひと段落すると、
首を後ろに倒したり、背伸びをしたりします。
読者様もこのような経験はありませんか?

実は、これも筋肉をのばすという作業に含まれます。
ですから、立派なストレッチトレーニングになるんですよね。

ダイエットには、激しいトレーニングを月一回行うよりも、
ストレッチのような軽いトレーニングを、
日々続けた方が効果があるそうですよ!


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握