気になるレーシック手術の使用器具

レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。

 

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:15 11 2018

こんばんわ

最近、不審者が多いので20時とか時間帯によって、
子どもを迎えに行っています。

もう大きいから自分で帰れるっていうけど、やはり女の子は心配。

PREEやDHCのダイエットシェイクを飲んで、
朝も歩いて駅まで行っているけど、帰りはねー。

人通りが多くても、不審者が多いから、せめて自転車で行って
くれれば良いんだけど、社会人になりたてで、周りを意識したり
大人の女性に憧れて2kg痩せるとか言ってるし。

友達と骨盤リズムに行くとか、休みもあさから
時間があれば踏み台昇降をしたりしながらうでを
気にしていたり。

全然太っていないようにみえるんですけどねー。

比較的門限にはうるさくないけど、20時だろうが駅までは
迎えに行くようにしているけど、最近付き合っている子は、きちんと
早めの時間に帰すようにきにしていたりするみたい。

1週間くらい前も、美術館に行って、その後に時間があれば
難波に行ってくるっていうから、遅くなるのかな?と思ったら、
9時や10時に帰ってきて。

きちんとお食事をして、時間を気にしていてくれるみたいで、ちょっと
感心してしまいます。

高校の時なんて、トンコツラーメン食べに行くやらなんやら、難波に
行くとか云々で、終電がなくなるまで遊んでいたから、付き合う相手にも
よるのかもしれませんね。

年上だけど、今シスアドの勉強をしているらしくって…

機会があれば、会ってみたい♪

そー思って気になるのは、やっぱり親心ですよね〜(笑)



ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握