気になるレーシック手術の使用器具

レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。

 

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:10 1 2019

呼吸をしたり、体質を動かしたり、内臓をはたらかせたり…
ほとんどの生命活動に酵素が関わっています。

酵素が不足すると、体質に様々な不調があわられます。
酵素が体質の中から無くなってしまうと、
ミーたちは生きていられないんですよね!

酵素は体質の中でも作られるんですが、
その量には限度があるので、
食事から酵素をたくさん摂ることが、
健康な連日を送るためのポイントということになります。

ちなみに、
酵素は、3,000種類以上もあるといわれています。

しかし、その酵素のほとんどが、
48℃〜70℃の間で壊れていきます。

なので、
熱に弱い酵素を効果的に摂るには、
野菜、果物、刺身といった
生の食品に頼るしかありません。

といっても、
食事の中で生の食品を大量に食べる…
というのはなかなか難しいですよね?

そこでもう一つの
酵素が多いミラクル食品の出番です。

その食品とは、
味噌、納豆、ぬか漬け、キムチ、などの発酵食品。

皆様は、発酵食品を、
連日の食事の中で食べていますか?

発酵の期間が長いものほど、酵素の働きが強く、
体質に良いみたいですよ。

生の食品だけでなく、
納豆や味噌やキムチなどの発酵食品を、
積極的に食事に取り入れてみてはいかがでしょう。

食事に酵素が含まれていないと、
体質の中の酵素が「食べたものの消化」にばかり使われてしまうので、
「新陳代謝=疲労回復」に使える酵素が少なくなってしまいます。

酵素の多い食品を食事で摂っていれば、
体質の中の酵素と食品に含まれる酵素とで、
「消化」も「新陳代謝」もしっかり!
生の食品、発酵食品を連日の生活で取り入れましょう!


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握