レーシックとドライアイとの関係

レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

 

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。



レーシックとドライアイとの関係ブログ:15 12 2018

最近、日本では肥満人口が増加しているといわれていますが、
中でも深刻なのが
子どもの間で肥満が増加をしているということです。

子どもの間で肥満が増加している背景には、
いくつかの要因があるようです。

まずは、食生活の欧米化。
欧米の食事というのは、
高カロリーで脂肪分が高いことで知られています。
こうした欧米の食生活が、子どもの肥満を増やしている要因として
挙げられています。

また、トレーニング不足も指摘されています。
多くの子どもが放課後も24時遅くまで塾などに行くようになり、
遊ぶ時間が少なくなっているようです。

さらに、遊ぶ時間があったとしても、
テレビゲームをして過ごすことが多くなってきています。

ですから、
外に出て体質を動かしながら遊ぶという習慣が少なくなっているために、
トレーニング不足の子どもが増加をしているわけです。

また、親の生活も子どもの肥満を増やしている要因となっているようです。
ライフスタイルが変わって、両親が共働きであったり、
片親と暮らす世帯が増加をしています。

なので、子どもがいたとしても、
子どもにのために、時間を割いてきちんとした食事を作ることが
難しくなってきているそうなんです。

すると、冷凍食品やコンビニ弁当といったものが
食事の主流になってしまいます。

冷凍食品やコンビニの弁当というのは、
揚げ物が多かったり脂肪分が高い、もしくはカロリーの高いものが
多いですよね。

こういったことが絡まりあって、
子どもの肥満が増加をしていると懸念されているのです。


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握